• Home 借地権は売買できる

借地権は売買できる

借地の権利を売却することが可能だとご存じでしょうか。 借地の権利とは、ズバリ、「土地を所有する人間」と「建物を所有する人間」が違う時に発生する権利です。土地を所有する人が、その土地の上にある建物を別の人が所有する意思を承諾した場合において、その権利が発生するものです。

借地の権利を売買するということはどのようなことなのでしょうか。売却するケースの多くは、建物を売却する場合においてです。更地というケースにおいては、借地の権利が喪失し、底地権者に権利が戻ることになります。

 

売却するという場合には、底地権者から借地の権利を売却することについて承諾を得ることが必要です。売買は底地権者が不利に立場に立たされないためにも、「底地権者の承諾」と、場合によっては「譲渡承諾料・名義書換料」が必要になります。

目安として、借地料の10%あたりです。買い手の数は所有権に比べると、借地の権利を売るという場合は、レアであり、少なくなると考えることが出来ます。そのような権利を専門に買い取る会社もありますので、急いで売りたいという場合には、そのような会社を利用するのも手です。

 

借地権を更新し、契約期間が長いものに対しては、金額が高くなります。残存期間が短く、更新料を買い手が負担することになる場合においては価格が低くなる傾向があります。その価格について知りたいと思うものの、相場というものが存在してないのが現状のようです。その権利が多く存在する場所か否かなどの様々な条件で決定します。