• Home 費用はどの程度?

費用はどの程度?

借地権を売買するためにどの程度お金がかかるかということも大変気になる問題です。しかし、現状借地権の価格に対して、相場というものは存在してないようです。

借地権が多く存在する場所か、借地権取引が慣行化している、など条件によって様々な違いが出てしまうようです。仲介業者に依頼する場合もあるでしょう。そのような場合、過去データがあれば、過去事例を基に算定をして、ない場合においては、 路線価から算定することになります。路線価に借地権割合という数値があります。それは、エリアによって違うものであり、 近隣地域の借地権割合、路線価、 借地権割合という数値によって価格が算出されていくことになります。

 

更に、借地権を売買した場合、所有権と同じように譲渡所得に対して、税金がかかってしまうことになります。譲渡税に対しては、借地権上の建物を自己居住用で使用していた場合と、賃貸として非居住不動産で使用していたものとでは税率が違います。

自己居住用不動産の場合は、所有期間が5年超えている長期譲渡の場合、譲渡所得に「15%」課税です。所有期間が5年以内の短期譲渡というケースでは、 「30%」課税です。

投資用不動産などの非居住用不動産は、所有期間が5年超えの長期譲渡は、「20%」課税、5年以内の短期譲渡は、「39%」課税です。