• Home 借地権の意味

借地権の意味

相続という場合も、このような問題がかかわってきます。相続しなければならないとき、地主の承諾が必要になってきます。相続をして得た借地権を売却するという場合において、通常の借地権の取引と同じであり、底地権者に承諾を得、更に承諾料を支払って取引をすることになります。

借地権の相続評価額の算定は、対象不動産を更地と想定し、 路線価に記載されている借地権割合をかけて行われます。借地権割合は、借地権の有無、取引の具合によって割合がエリアによって変わ るものです。

 

借地権を「遺贈」する場合にも、ここで所有者が変わることになりますので、通常の借地権の取引同様に、地主の承諾が必要になります。このような場合でも、名義書換費用が発生する場合が必要になる場合があります。

相続税は、所有権と同じように税率がかかることになります。借地権とは、底地権者が借地権者を信頼することによって貸し出しをしているという背景があって、 所有者が変わるとしても、借地権付き建物の場合には、地主の承諾が必要となります。

そして、承諾料が必要になる場合もあり、承諾が得られないということもあるでしょう。そのような場合、簡易裁判所で手続きをして、 承諾に近い環境を作って、売却を進めるという方法も取ることが出来ます。